キャリジョ's eye

2016.3

今だからこそ存分に楽しみたい「ファンタジー消費」

今の20・30代は子供の頃はかわいいキャラクターやお姫さまなどのファンタジーに浸った世代だが、中高生くらいから恥ずかしさを感じ卒業。
しかし、昔は「女性らしさ」「大人らしさ」を問われ「ファンタジーを卒業しなくてはいけない」という強迫観念があったが、現在は「自分らしさ」が尊重される時代になり、そうした乙女志向も個性として受け入れられる時代に。大人になってお金や自由も手に入れ、子供の頃のやりたかったことを実現できる年だからこそ、好きなように消費を楽しめる年代ともマッチ。
ただし、常にファンタジーに浸っている「夢女子」ではなく、きちんと現実的な面もあって 疲れた時やイベント、プライベート時に出てくる乙女志向を指す。

  • この記事をツイートする
  • この記事をシェアする
  • この記事をツイートする
  • この記事をシェアする
TOPへ戻る